大阪デリヘルは店舗型より気軽に利用できる

女性

何処まで兼業は許される

デリヘルは他の仕事と兼業で働いている人も多いのですが、実際にどのくらい兼業を認めているのかは店によって異なります。1つの仕事と兼業しているという場合なら認められますが、更に多くの仕事をしている場合、認めないケースがあります。特に他の風俗店で仕事をしている場合、兼業を認めないケースがあるため、店を移動しなければならないのです。
これは前の店に自分の客が一緒に持って行かれるのではないかという疑念があるためで、他の風俗で仕事をしている風俗嬢に関しては、出来る限り避けるようにお願いされます。勿論認めない場合は採用しませんから、兼業をすることが難しいのです。AVと風俗の兼業であれば認めるケースは多いですが、風俗と風俗というケースは全く駄目であり、場合によってはこれだけで仕事が出来ない可能性もあります。
風俗店は1つだけに所属するか、系列店に名前だけ掲載するのが決まりになっています。兼業をする場合、その店は一時的な雇用とするか、前の店を止めるかどうかを迫られることになります。どちらを選ぶかはその女性次第ですが、兼業できる店を利用するため、別の方面で考えている方も多いです。デリヘルのように兼業が難しい所もあるので、気をつけて求人を探してください。

TOPICS

MENU

TOP